大学受験
大学受験の勉強法

大学受験の予備校、塾、家庭教師

大学受験、個別指導塾入塾する時の注意点

最近は、大学受験でも個別指導塾を利用する人が増えてきたという話をしました(関連記事)。

個別指導塾の多くは、一度体験授業をしてから入塾するかどうか決めるところがほとんどです。

ここで注意しないといけないことは、体験授業の良し悪しは100パーセント子供が判断するということです。子供の判断が間違っているという訳ではありませんが、個別指導塾は講師と生徒との距離が近いです。だから生徒の講師に対する判断は、しっかりと教えてくれるとかそういったもの以上に、なんとなく感じがいい。話しやすい。そういった理由であることも少なくありません。

講師を、なんとなく感じがいいから、といった理由で選んで、もしその講師が指導力のある講師ならいいのですが、そうでない場合も少なくありません。

個別指導塾は、集団の塾と違い、講師を大量に必要とします。したがって、講師の質が悪いこともよくあります。

体験授業を受けた生徒は、講師は頭がいいものと思っています。当然指導力もあると思っています。それを前提に授業を受けるので、体験授業で講師と話しやすかった、感じがよかったという理由で決めてしまうのも無理はないと思います。

だから、保護者の方には、生徒が入塾したいと言っても、担当する講師が力のある講師かどうか判断してから入塾することを薦めます。

講師の力量を判断するものとしては、授業中に「先生これ解いて」と言って問題をやらせるのです。問題をすらすら解けるようなら、力がありますし、そうでない場合は力がないので、通わないほうが賢明です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43328447
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。